台湾映画祭2018


イベント詳細


映画を通して、台湾の風土や文化への理解を深めてもらうことを目的とした「台湾映画祭」。アジアフォーカスの関連企画として、今年もアジア美術館内あじびホールを会場に、福岡初上映となる台湾映画4作品を上映します。日本統治下の台湾で生まれた日本人「湾生」をテーマに製作したドキュメンタリー『心の故郷~ある湾生の歩んできた道~』(林雅行監督作品)も上映。

【日時】
9月13日(木)~9月18日(火)
①10:30~②13:30~③16:30~

【会場】
あじびホール
福岡市博多区下川端町3-1
(リバレインセンタービル8F)

【上映作品】
『私を月に連れてって』 2017年/105分
監督:シェ・チュンイー
出演:ジャスパー・リュウ、ビビアン・ソン

高校時代にタイムスリップ。運命を変えようと奔走する青春ラブストーリー。97年に自動車事故でこの世を去った台湾の伝説的ミュージシャン・張雨生の音楽が作品を彩る。第13回大阪アジアン映画祭「ABC賞」受賞作品。九州初上映。


『淡水河の奇跡』 2016年/109分
監督:ガオ・ピンチュアン
出演:ウー・カンレン、ホウ・イエンシー

幼い時に父親が失踪し、淡水で母が商う魚丸店を手伝いながらパブを開こうと計画する阿級。しかし闇金に騙され母の店まで失う羽目に。そんな時、淡水河で溺れかけている若い男を助けると、なんと自分の父親だという…。蒼い月が誘うのは過去か未来か。家族の想いが奇跡を起こす!九州初上映。


『川流の島』 2017年/97分
監督:チャン・ジンリン
出演:イン・シン、チェン・レンシュオ

台湾國道(高速道路)の料金所。疾走する車の流れに浮かぶ孤島のようなその場所で、日夜黙々と働く林嘉䌢。シングルマザーの嘉䌢は、息子・傅彥超と二人暮らし。2014年1月2日の全面ETC化(それは嘉䌢の「職場が失われる」ことを意味する)を目前に控え、その日常には暗い影が差していた。そんなある日、仕事中の嘉䌢に一本の電話が入る…。台湾のテレビ賞(金鐘奨)、映画賞(金馬奨&台北電影奨)ほか、数多の賞を受賞する快挙を成し遂げた作品。九州初上映。


『心の故郷~ある湾生の歩んできた道~』2018年/150分
監督:林雅行 ナレーション:川平朝清

「老兵挽歌 異郷に生きる」「風を聴く 台湾・九ふん物語」など、これまでにも台湾にまつわるドキュメンタリー作品を数多く手がけたきた林雅行監督が、日本統治下の台湾で生まれた日本人=「湾生」をテーマに製作したドキュメンタリー。今なお“故郷”に熱い想いを持ち続ける湾生たちの戦前と戦後を描き出していく。九州初上映。


【上映スケジュール】

▼台湾映画祭詳細はこちら
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/event/detail/700

【料金】
料金 1作品:一般1,300円(前売1,100円)
中高大学生500円(当日学生証を提示下さい)
小学生以下は無料
※「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」のチケットも利用できます。

【主催・問い合わせ】
台湾映画祭上映実行委員会(毎日新聞西武本社ほか)
TEL:092-781-3300
(平日のみ・10:00~17:00)


※掲載情報は誤りが無いよう細心の注意を払っていますが、その内容を保証するものではありません。詳しい情報は主催者に直接お尋ね下さい。