松尾美紀さん、2017年の10本

福岡国際映画祭/広報担当
松尾 美紀
昔は実験映像等アート昨品から、インディペンデント系中心に長い映画もよく観ていました。07年から福岡国際映画祭に関わり、更にアジア映画のすばらしさに開眼。
Facebook >

例年になく劇場に行く時間が無く、今回はベスト9本。心に残る作品を選びました。沖縄好きなので沖縄が舞台の作品はついチェックしてしまいます。


● 春の夢 /チャン・リュル

● バイオリン弾き /モハマド=アリ・タレビ

● 人生フルーツ /伏原健之

● ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 /スティーブン・カンター

● 父の選択 /ヤン・ティン・ユエン

● エル ELLE /ポール・バーホーベン

● カタブイ 沖縄に生きる /ダニエル・ロペス

● 米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー /佐古忠彦

● いつか暗くなるときに /アノーチャ・スウィチャーゴーンポン


一覧に戻る