奇℃神さん、2017年の10本

直方映画祭キュレーター
奇℃神
毎年直方市の中心市街地で開催されます直方映画祭にて作品選考や広報関連を担当しております。酔いどれバンド”ニール☆UMA”所属。三度の飯より坂が好き。今年は今のところ130本位鑑賞。
直方映画祭 >

トップ10に入れるまではなかったのですが、個人的今年の傾向としてはインディペンデント邦画作品の躍動に尽きます。PFFやFIDFF、ムーラボ等の各映画祭にお邪魔し、数多くのインディペンデント作品に触れ、その完成度と独創性に大変感激しました。彼らには今の勢いで昨今の邦画界に警鐘を鳴らしてほしいですね。


① 立ち去った女 /ラヴ・ディアス

② パターソン /ジム・ジャームッシュ

③ パーソナル・ショッパー /オリヴィエ・アサイヤス

④ エリザのために /クリスティアン・ムンジウ

⑤ 残像 /アンジェイ・ワイダ

⑥ 人生タクシー /ジャファール・パナヒ

⑦ 息の跡 /小森はるか

⑧ 女神の見えざる手 /ジョン・マッデン

⑨ ベイビー・ドライバー /エドガー・ライト

⑩ アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 /ギャヴィン・フッド


一覧に戻る