イオンシネマが『シネフィルセレクション』なるものをやってる。知らんかった。

なかなか素敵なセレクションではないですか。。。

全国88劇場を運営、国内最多の744スクリーンを展開する『イオンシネマ』が、厳選した名作をお届けする特別上映企画『シネフィルセレクション』を全国39の劇場で2018年2月まで開催しているそうです。

いや~知らんかった~。まったくしらんかった~。ぇ~。

ちなみに今期セレクションされている作品は「SMOKE」をはじめ、エミール・クストリッツア監督の大傑作「アンダーグラウンド」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「ぼくの伯父さん」、ブリー・ラーソン主演「ショート・ターム」(ほんとにいい)石井裕也監督「ぼくたちの家族」の6作品。料金は1,000円。

上映劇場によって2種類の上映スケジュール=A・Bがあり、Aグループが、イオンシネマ戸畑、佐賀大和 など、Bグループが大野城、福岡 など。
各作品の上映日程はこちら → シネフィルセレクション公式ページ

正直、イオンシネマは年に数回程度しか利用しないんですが(福岡は郊外店が多いのでアクセスの問題)全国のイオンシネマでは単館系の作品をガンガンやってたり、自主制作映画の上映や映画祭をやっていたりして大変にうらやましいと思っていたところ(ひそかに今もイオンシネマ戸畑では来年2月にKBCで上映される『キセキの葉書』が上映されている)…ミニシアター&名画座が絶滅寸前の福岡において、応援したいシネコンの一つなのであります。

全10作を上映予定、来年2月以降も好評なら続けていきたい、とのこと。
残りの作品も気になります。

11/23(木)~11/26(日)はブラックフライデーキャンペーン♪らしいですよ。


アンダーグラウンド劇場未見のひとは会社休んでいっちゃいなよ。
そしてショートターム、マジでいいから…